忍者ブログ
1人暮らしの生活、おしゃれ、恋愛、ひとり言など。 Sweet、時々Bitter。
 109 |  108 |  107 |  106 |  105 |  104 |  103 |  102 |  101 |  100 |  99 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はお母さんの誕生日でした☆

ちょうど北京旅行から帰ってきてお土産話しも聞きたかったから、ケーキ買って実家に帰りました♪



お土産は甘栗と烏龍茶クッキー。
そしてなんかなぜか中国で布団を買ってきてた(笑)
なぜーーー(;・∀・)


万里の長城行ったりどこだか行ったり←話し聞いてない奴(笑)
まあとりあえず楽しかったらしいし、全然日本語通じるらしく中国のひとは頭よいねとしきりに言ってました(笑)
ごめんね、日本語しか話せない残念な娘で(笑)



来週私も韓国なので、デジカメとキャスター付きの…なんだっけ?コロコロバッグ(笑)母から借りていきやす。
どっちもまさかのピンクだったし(妹セレクトだけどさ笑)
女子四人旅、楽しみでドキドキです☆








モヤモヤは。


まあ、ゅう君絡みですな。
あんなに愛情表現してくれてるはずなのに、離れているとすぐわからなくなってしまう、とゆか自信がないから。

ほんとの私は、そりゃ自分の時間も大事にしてるけど、ベースはいつでもすぐにでも会いたい居たいしわりと独占欲支配欲も強いほうだと思う。
でもどうしても依存体質をやめたくて、我慢したりドライを装ってる部分もあるから。
だから、なんだかそゆのが少しづつ積み重なって、モヤモヤする。

意味のわからない突き放すようなメールをしてしまうことがある。
素直に『会いにきて』が言えない。
むしろ弱みをみせたくなくて、相手から言ってほしいきてほしいとさえ。
自己中わがままもいいところだけどヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ


私が『会いにきて』
その一言をメールで送れば、万事うまくいくしモヤモヤは解消されて優しいキモチになれる。
わかってる。


だけど



なぜかたったそれだけのことが送れない。
ほんとたった一言なんだけど、それが駄目な道への一歩な気がして躊躇する。





意気地無し。
意地っぱり。
可愛くないっ!


はふ。
なりたい強い自分になるのも葛藤しまくりで疲れるなあ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
『会いにきて』じゃなくて『会いたいな(*´∀`*)』って言葉にするのはどう?
「会いにきて」やと、何か。。。なんとなくやけど上から目線な気がするw
会いにきてって言葉やから意地っ張りで可愛くないって思っちゃうんじゃないかなぁとも思うねんけど。。。w

日本語って一番むずかしいってゆーからなぁ。
けど、ちょいとニュアンス変えるだけでも
相手への伝わり方とか自分の感じ方とか
ほんのちょっと変わるんじゃなかろうかね(*´∀`*)
咲良 URL 2010/06/11(Fri)23:31:59 編集
咲ちゃん
そうなんだよね、会いにきてだと頼んでるみたいになって負担みたいで言えないんだと思う。
んで会いたいだと恥ずかしいてゆか痒くてなかなか言えないんだと思う(ホラつんつくつんだから笑)

でも伝えないで勝手に溜め込んでモヤモヤするとわたしの性格上全部投げ出してしまうし勝手にすねるから、やっぱり伝えるべきだなと思ったょ・:*:・(*´∀`*)・:*:・
意外とそのほうが、スムーズでうまくいくんだなと(笑)
ありがとう♪
りぃ。 2010/06/16(Wed)15:01:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
りぃりぃ。
性別:
非公開
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[11/15 美飴]
[11/14 咲良]
[11/11 咲良]
[11/02 咲良]
[10/31 れも。]
バーコード
Copyright ©  sweet-pink-diary  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]